四季彩サイト内の検索

四季彩 営業時間

四季彩のお弁当屋お惣菜は追分本店の他、軽井沢発地市場にてお求め頂くことができます。

営業時間(追分本店):

11:00 - 17:00

ただし売切次第弊店となりますので、午後の遅い時間にお越しの場合にはお電話にてご確認ください。

12月-3月:追分本店は予約販売

発地市場では通年お求めいただけます。

四季彩の場所

所在地:北佐久郡軽井沢町追分46-20

電話: 0267-31-6157


大きな地図で見る

フェイスブック

四季彩フェイスブック

QR code

おはしのはなし

和食で食事をする時、必ず使うものといえばお箸です。
お箸の使い方のマナー違反は「嫌い箸」と呼ばれ、縁起が悪いともされています。
人と一緒に楽しく食事できるようお箸使いのマナーをご紹介します。

嫌い箸

寄せ箸:箸で器ごと料理を自分の方へ引き寄せること。

刺し箸:料理に箸を刺して食べること。

渡し箸:箸置きを使わず、器などに直接箸を置くこと。

探り箸:器の中の方の食べ物を探りながら、料理をより分けること。

迷い箸:料理を取るのに迷って、箸をあちこち動かすこと。

空 箸:一度箸でつかんだお料理を、放すこと。

移り箸:一度箸をつけた料理を食べずに、次の料理へ移ること。
 
もぎ箸:箸についたご飯粒などを口で取ること。

涙 箸:食べ物から汁やしょう油などを垂らしながら食べること。

移し箸:食べ物を他の人と一緒に、箸同士で持つこと。

ねぶり箸:箸先をなめること 。

持ち箸:箸を持ちながら、同じ手で器を持つこと。

押し込み箸:箸で料理を口いっぱい詰め込むこと。

振り上げ箸:箸を持ったまま、動作つきの会話をすること。

ちぎり箸:箸を1本ずつナイフとフォークのようにして使うこと。

あげ箸:箸を口より上に上げながら食べること。

かき箸:ご飯茶碗に直接口をつけ、箸で食べ物をかきこむこと。

重ね箸:同じ料理ばかりいつまでも食べ続けること。